2009ナツガク実行委員会の様子の記事

8/7 FMサガミでナツガク参加の呼びかけをしました

8/7(金) お昼前のFMサガミで、ナツガク参加の呼びかけ放送をさせていただきました。

放送に不慣れな実行委員2名、パーソナリティーの方からガイドをいただいて、冷や汗をかきながら何とか説明をいたしました。

皆さん、8/22(土)相模女子大学に来てくださいねぇ~
ナツガクを楽しんでくださいねぇ~

8/5ボランティアスタッフ全体説明会を開催しました

8/5ボランティアスタッフ全体説明会を開催しました
8/5ボランティアスタッフ全体説明会

大勢のボランティアスタッフの方々にお集まりいただきました。
ありがとうございました。
「夏休み みんなの一日大学 2009」開催まで、あと2週間と少し
実行委員、ボランティアスタッフの準備も最終段階に入りました。
がんばって準備しています。
一日教授の先生達も、受講生の皆さんにわかりやすく説明する工夫を凝らしています。

受講生の皆さん、8/23(土)楽しみにお待ちください。
ご来場をお待ちしております。

5/8はFMさがみ(83.9MHz)で、11:45頃から
ナツガクの宣伝と実行委員募集の放送をしました
実行委員会のメンバー4人がインタビューを受ける形での番組でした

シナリオを作って望みましたが、慣れないことで多少咬みましたが、無事終了しました

調整室からみたスタジオ
調整室からみたスタジオ

少し長いのですが、放送内容をご紹介します。

Q)ナツガクはどんな催しなの
A)ナツガクですが、正式には「夏休み みんなの一日大学」というイベントです
3年前から、毎年、夏休みの一日、大学の構内で、子どもから大人まで、小学生中学生高校生大学生お兄さんお姉さんお母さんお父さんおじいさんおばあさん、みんな、いっしょに、大学の教室で席をならべて、お勉強をする皆さんの向学心に応えて、NPO法人 きょういく応援団が主催する、一日の大学なんです

「夏休み みんなの一日大学」ナツガクは、子どもたちやその保護者、高齢の方々の向学心に応え、皆さんの真剣なまなざしや笑顔を見たい、実行委員、当日スタッフをはじめ大学や企業、一般の一日教授の皆様の善意が結集「学びたい人」「教えたい人」「それを支える人」の三者の思いが集う一日です

一回目は、相模女子大学、2回目は、桜美林大学、昨年3回目は、麻布大学で開催しました

昨年は、40講座で1427名もの方が受講されました、受講申し込みは、3000名をこえ、大人気で、予定の定員を200名増やして対応しました

講座の内容は、たとえば・・・
ここは、このナツガクのホームページで紹介してます、ご覧下さい

私などは全部受講してみたい、素敵な内容が盛りだくさんでしたね

昨年は、神奈川県子ども子育て推進条例のPR活動の一環として、クイズラリーをやりました、当日は、あいにくの雨模様でしたが、200名を越える方々が参加して、体と頭を使って、楽しんでいただきました

Q) 今年のナツガクは、いつどこで行われるのか
A)今年の「夏休み みんなの一日大学 ナツガク」は、相模大野駅のすぐ近くの、「相模女子大学」で行います。日にちは、8/22 土曜日です

Q)去年と違うところは
A)今年で4年目 4回目の開催なのですが、多くの方に楽しく参加していただくための、いろいろな、工夫をしています

講座の内容では,今までの、90分の授業形式の講座に 加えて、NPO法人 きょういく応援団の市民講師の方や、一般の方の、ミニブースでの、自由参加の講座を計画しています折り紙教室など、楽しいコースを企画、皆さんからの、講座開設をお待ちしているところです

それと、
ナツガクを、ご理解していただけて、協力していただける、企業様の、楽しく、ためになる、展示や説明やイベントのブースも、今年初めての企画なんです

昨年、評判が良かった、お子様の大好きな、クイズラリーも計画しています

それと、おおきな変更内容として
昨年までは、受講希望者は、事前に往復はがきか メールで受講申し込みをしていただいて、抽選で受講証を発行していたのですが、今年は、当日に先着順に整理券発行で受講していただくようにします

今年は、90分の授業形式の講座以外にも、色々なイベントがあるので抽選に外れて、会場におこしいただけない、なんてことのないように、工夫しました

それから,講座毎に頂いていた、参加協力金も、会場に入場時の一回分のみで、複数の講座が受講できるように、皆さんのご負担を軽減しています

Q)一日教授の募集について
A)90分の授業形式の講座は、NPOきょういく応援団の会員や一般の方の10講座大学関係の10講座と企業からの提供の10講座 合計30講座を募集しています、講座応募の締め切りは5月30日です。エントリーシートで応募していただきますが、まずは、実行委員、講座コーディネーターにご連絡下さい、細かいことを、ご相談させていただきます

Q)実行委員の募集について
A)盛りだくさんの内容で、素敵なナツガクの企画を準備していくためには、多くの方の、協力が必要なんですね。今日は是非、沢山の方に、実行委員会に参加していただきたくて、放送させていただいているのです
A)現在、実行委員は、私のような、子育て中の主婦が多いです、毎日の時間のやりくりの中で、楽しく、充実しています
A)僕は、ボケ防止のためも有って、昨年から参加させていただいているのですが、会社員時代の経験などがお役に立てて、大きなイベント企画に参加できて充実した毎日になっています
正直言うと、周りがほとんど女性ばかりですので、あと一人でも、男性の方が加わってくださると、ぼくは、こころ強いのですが
影の声)フ フ フ
実行委員、あと5名くらいの方が加わっていただけたら良いと思ってます。

Q)実行委員って何をするの?
A)実行委員の仕事ですね、一杯ありますよ
ナツガクの企画詳細を考えて、その準備と、当日の実施、そして次回も開催するための整理などが、役割なんですが、それぞれが、得意な所を積極的に分担して、出来ることを、出来る時間の範囲で、引き受けているんです
たとえば、
講座コーディネーターとして、一日教授の方と打ち合わせて、段取りをする、自分が好きな分野の、先生を見つけてきて、一日教授を引き受けていただくなんてすごいのもありますね、時間割を考えたり、ポスターやチラシを考えて、配布したり、パソコンの得意な方は、色々な文章を作ったり、郵便の発送などの事務処理もあります、当日スタッフのお弁当の数を計算して、注文するなんて、楽しいですね
当日は、大勢のボランティアのスタッフの方に協力をお願いするので、作業の分担等を考えて進めるのも、骨が折れますが、やりがいがある仕事ですね

少しでも良いナツガクにしようと工夫して、皆で仕上げていく、縁の下の力持ちですが、楽しい達成感のある、仕事ですね

日常のことから、少しはなれて、そんなことに、関わってみたいと考えている、そんな、あなたに、ナツガク実行委員のお仕事は、最適ではないでしょうか!

今年は、時々、息抜きのレクリエーションも入れながらやってます、先日も、桜のお花見、バーベキューなんかを家族参加でやりました

Q)ナツガクについてもっと詳しく知りたい方はどうすればよいですか?
A)このナツガクのホームページで色々なあたらしい情報をくわしく発信しています
講座内容なども決まり次第、分かるようにしますので、是非、お気に入りやブックマークに登録しておいてください

A)実行委員会の見学に来てもらえたら、よいですね
5月は5/21(木)の午前10時から12時まで、大野中公民館でやってますから,見学に来てきてください、たのしく、おしゃべりしながら、やってますので
A)ナツガクに協力してみたいな~と、お考えの方、いま、実行委員やってみたいな~と考えた人
この放送が終わったら、042-853-8844にお電話していただけたら、うれしいですね
A)みんなそろって、まってますよ~、よろしくお願いしま~す
ここは、放送時間切れで、まっで終わってしまったみたいです。

次回は、もっと上手くやりますよ! あなたも一緒にやりましょう
連絡まってますよ~、よろしくお願いしま~す

お花見行きました

| コメント(1)

4/11(土)お花見に行きました
土曜日なんで混むかなの予測をして早く場所取りに出かけましたが
皆さんは桜は散ってしまったと思ったか出足はおそく狙った場所の確保ができお花見隊長はほっとしてブルーシートに大の字に寝て、空と桜とクルット回りながら空高く飛ぶトンビを眺めながら皆の集合を待ちました

桜と空
桜と空
桜の花はまだ十分残ってます

10時頃になると皆さん集まりだしました
昨日は風が強くて、カヌーは難しいかと思ってましたが、お天気も良く、風穏やかで、買い物小隊の食材調達を待つ間、子ども達を乗せてカヌー遊びをしました
亀が水面から首を出して泳いでいましたが、びっくりしてもぐってしまい2度と顔を見せてはくれませんでした、魚がすぅーっと泳いでいたり、あめっぼが浮いていたりで、子ども達は大喜び
初めてカヌーに乗り込むときの緊張した顔は10Mも漕げば笑顔に変わり、最後には水のかけっこになったりで大騒ぎになりました
写真は応援団の篠山貴信さんが撮影してくれましたので、後日公開しましょう

お花見宴会のお料理は、皆さんが持ち寄った沢山のご馳走に、豚汁と魚やお肉のバーベキューです
子ども達は、マシュマロ焼きに熱中、カヌー男も早速食べてみましたが、表面の皮が つるっととれて中はとろっとろ、甘くておいちぃ~、これ病み付きになりそ~です
バナナ・チョコフォンデュもおいちぃ~でした

甘くておいちぃ~マシュマロ焼き
甘くておいちぃ~マシュマロ焼き

桜の花びらが雪のように降る、桜吹雪
桜の花びらが雪のように降る、桜吹雪
写真をクリックすると拡大します

桜の花びらが雪のように降る、桜吹雪、これはめったに観られないぞ
シヤッターを切ったが、上手く写っているかな?雰囲気は分かってもらえますね

そんなかんやで、一日外で思いっきり春を満喫しました
参加者は、大人12人と子ども9人、楽しんでいただけた様子で、お花見隊長はほっと一安心でした
皆さん、また、何か息抜きのレクやりながら楽しくナツガク準備を進めましょうね
**************************************************************************************************
実行委員募集中です、一緒にやりませんか、
E-mail : info@e-ouendan.orgにご連絡ください
**************************************************************************************************

明日はお花見に行きますよ~

きょういく応援団の皆さん
ナツガク実行委員の皆さん

明日は待ちに待った桜の花見を開催しますよ
今日お昼ごろに会場を下見してきました

毎日暖かい日が続いたので桜は終わってしまうかと心配でしたが
まだまだ桜の花は残ってました

IMGP7211.jpg

IMGP7205.jpg

IMGP7208.jpg

4/11(土)AM10時、相模原市の上大島キャンプ場に集合です
ナツガクのオレンジTシャツの旗が目標です
お待ちしております

明日はお天気大丈夫ですよ、桜を観ながらバーベキュー焼きそばやります
カヌー男がカヌーを持っていきますので
カヌー遊びもできますよ

今年の、ナツガク実行委員会は、時々レクリエーションもしながら楽しく準備を進めます
実行委員募集中です、一緒にやりませんか
E-mail : info@e-ouendan.orgにご連絡ください

相模女子大を下見してきました

教室の状況等を視察するため、本日、吉川さん、池邊さんとともに相模女子大学を訪問しました。

本館と7号館を使用することとなりますが、現況から判断しますともっぱら7号館を使用することとなりそうです。

広さも教室の数も、一応充分と考えます。

本館には調理室と工作室もありました。

施設、特に本館については飲食を厳禁しなければなりませんが、食事は大学のカフェテリアが当日オープンできるかもしれません。

本館と7号館は隣接しており、同所からカフェテリアまでは100Mほどの距離です。

ブース出展を行う場合の場所はおおよそ想定できましたが、後日測量して面積を把握することとなります。


今日は入学式の当日でもあり、桜が満開でとても美しかったですよ。


20090407121829.jpg

20090407121838.jpg

20090407121848.jpg


P3140037-s.JPG

P3140040-s.JPG

P3140079-s.JPG

神奈川県教育委員会が実施した上記イベントには私達<きょういく応援団>も協力団体となっており、企業参加の斡旋や、実施当日の運営にもスタッフとして参加しました。

当日は雨天にもかかわらず、予想をはるかに上回る参加者を得たうえ、参加者の評価も良好だったと感じています。
このイベントは「地域、企業、行政等"かながわぐるみ"で家庭教育を応援する機運を醸成するため、県内企業や団体の参加による」実施とされており、県教育委員会としては初の試みでした。

私ども<きょういく応援団>が実施する「夏休み一日大学」とも目的が共通する部分がありますので、今年のナツガクの実施において非常に参考となる催しでした。

ファミリーチャンレンジ事業は今年の秋に海老名で実施されてる予定だそうですし、これをモデルとして各自治体でも実施されることが今後期待されます。

ひの

昨年も大成功となったナツガクでしたが、毎年のことではありますが、実行スタッフの皆さんの負担は大きく、さて次年度もがんばろう!! とは素直に言えないほどに、ナツガクスタッフの苦労は大きく感じられます。

今年は昨年以上の規模で実施できるのか、必要な人材と資金は確保できるのか、非常に不安です。
それでも次の開催地の探さなければなりませんが、1箇所、協力してくださりそうな大学にあたっているところです。
大学の方々にとってナツガクの実施には不安がたくさんあります。
学生スタッフをボランティアで動かすのは難しいし、万一事故が起きたりしても困ります(保険はかけてますが)。

何もしなければ一番安心なのですから、大学側からOKをもらうということは、とてもありがたいことなのだと思います。
それだけに、毎年の開催地を探すことはとても気苦労の多いことです。

今年は相模原市内で開催できそうな気配です。
できればより大きな規模で実施したいところですが、規模にみあったスタッフの確保が先決となります。

また、助成金の確保についても検討しておりますが、良い知恵があったら教えていただきたいです。

ナツガクを支える人達 特別協力団体
  • 後援
  • 神奈川県教育委員会
  • 町田市教育委員会
  • 相模原市
  • 相模原市教育委員会
  • 相模原市商工会議所
  • 相模原・町田 大学地域コンソーシアム